未破裂脳動脈瘤 | 奈良県大和郡山市 医療法人青心会 郡山青藍病院

医療法人 青心会 郡山青藍病院

Tel:0743-56-8000

平日(月曜~金曜)9:00~17:00

医療法人 青心会 郡山青藍病院

未破裂脳動脈瘤に関するQ&A

  • ホーム
  • 未破裂脳動脈瘤に関するQ&A

未破裂脳動脈瘤に関する
Q&Aについて
FAQ ABOUT UNRUPTURED BRAIN ANEURYSM

郡山青藍病院にて未破裂動脈瘤でよくご相談されるご質問をご紹介いたします。

よくあるご質問FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

未破裂脳動脈瘤とはどのような、病気ですか?
未破裂脳動脈瘤とは、脳動脈の壁が何らかの原因で薄くなり瘤(こぶ)状に膨らんだ部分ができ、発見された時に瘤が破裂していなくて出血の徴候がない状態の事です。「くも膜下出血」の最大の原因となるもので「未破裂脳動脈瘤」が破裂を来すと、「くも膜下出血」になり。日本人では約100人に2〜3人程度の人が持っていると言われています。めまいやかすみ、頭痛にて脳ドックなどの頭部MRI検査などで見つかる場合が多く、まれなものではありません。未破裂ですので自覚症状はほぼありません。
未破裂脳動脈瘤は、どれくらいの年齢になれば気をつけなければいけませんか?
最近の調査では未破裂脳動脈瘤は40歳以上の中高年の5%以上の人が持っているといわれます。70歳以上では10%を超えるというデータもあります。
未破裂脳動脈瘤と診断されましたがどれぐらいの割合で破裂しますか?
日本人での未破裂脳動脈瘤の破裂率については色々なデータがありますが、年間0.05%から2%と報告されており、確定的ではありません。大きさが5mmを超える動脈瘤は1年間に1パーセント前後が破裂すると考えられます。若い時に破裂が起こるか高齢になってから起こるかは断定的な事は言えません。
未破裂脳動脈瘤の原因について教えて下さい。
高血圧、糖尿病、高脂血症の方、喫煙・過度の飲酒の習慣がある方や1親等以内のご家族に脳動脈瘤の病歴をお持ちの方がいる場合など、「生活習慣の因子」と「遺伝的因子」があるとされています。
脳動脈瘤が破裂するとどうなりますか?
くも膜下出血をおこします。脳動脈瘤は脳と、くも膜の間にあり、脳動脈瘤が破裂すると血液がくも膜と脳表の間に広がります。くも膜の下で出血する事をくも膜下出血といいます。発症しますと30%〜50%の方が亡くなり、30%の方が何らかの後遺症が残り30%の方が元気に社会復帰されます。
未破裂脳動脈瘤の予兆について教えて下さい。
ほとんど自覚症状がない事が多いのですが瞼が落ちて来て物が二重に見えるなどの「動眼神経麻痺」や目がかすむ、ものが見にくい等の「視力障害」・「頭痛」があるとされています。
頭痛と目のかすみ、ふらつきがあり「未破裂脳動脈瘤」の疑いがあるとの事で脳ドックを勧められました。検査について教えてください。
脳動脈瘤の発見には脳血管を映し出す画像診断によって診断されます。MRA(磁気共鳴血管撮影・MRI装置で血管をみる検査です)、3D-CTA(CT血管撮影・造影剤を注射しながらCT撮影をして血管をみる検査です)が主な検査法です。
カテーテルを用いた脳血管撮影という検査もありますが脳動脈内での操作となり検査での合併症が起こる場合もありますので動脈瘤が発見され手術を前提として必要とする時に行われる場合があります。
未破裂脳動脈瘤をそのままにしておくと必ず破裂しますか?
現在、一般的なデータとして1年間で未破裂脳動脈瘤の患者さんの約1%の方の脳動脈瘤が破裂し、くも膜下出血を発症しています。50代から60代の方の破裂が多くみられますが年齢だけだはなく高血圧や喫煙・遺伝的な要素もありますので必ず破裂するとは言い切れませんが高齢になるほどリスクも高くなる傾向にあります。
家族にくも膜下出血を患った者がいて、自分自身くも膜下出血が心配です。脳ドックで検査したいのですが?
頭部「MRI・MRA」にて未破裂脳動脈瘤の発見が出来ます。
造影剤を使ったCTでも脳の血管を見ることができます。
肥大した動脈瘤の場合、造影剤を用いないCTでも発見される事があります。
未破裂脳動脈瘤の治療法はどのような方法がありますか教えて下さい。
大きくわけて2種類の治療法があります。
ひとつは開頭手術による「クリッピング術」です。歴史もあり日本で未破裂脳動脈瘤で一番多く用いられる手術法です。全身麻酔での手術となります。
頭皮を切開し頭蓋骨の一部を開口します。手術顕微鏡の視野のもと、脳動脈の一部が膨らんでその血管壁が弱くなってできた「脳動脈瘤」の根元部分をチタン製のクリップで挟み込みます。瘤の根元部分を閉塞する事により動脈瘤への血液を完全にせき止める事ができます。動脈瘤の破裂を予防できる根治性治療となります。高度な技術を必要としますので経験を積んだ専門医によって施術されます

もう一つは血管内手術による「コイル塞栓術」です。開頭を必要としない低侵襲手術です。局所麻酔を大腿の付け根に用います。大腿の動脈からカテーテルを動脈内に挿入していきます。レントゲン透視にて確認しながら、頸部の動脈までカテーテルを導きます。そのカテーテルの中に更に細いマイクロカテーテルと呼ばれる管を通して、これを脳動脈瘤内まで到達させます。コイルと呼ばれるプラチナ製の細い糸をマイクロカテーテル内に通して患部の動脈瘤内までおくりこんで糸を巻くように充填していき、切り離します。コイルが動脈瘤内に十分詰まるまで繰り返します。
動脈瘤内をコイルがみたした事を確認しカテーテルを抜去して手術を完了します。コイルが動脈瘤内をみたし破裂を防ぎます。 難しい手術ですので専門医よって施術されます。この2種類の他に「クリッピング術」の応用のトラッピング術」と動脈瘤被包術(ラッピング術とコーティング術)があります。

・「トラッピング術」
未破裂脳動脈瘤が比較的に大きい場合やその発生部位によりクリッピング術が出来ない場合に行われる手術の一種です。
全身麻酔での手術となります。頭皮を切開し頭蓋骨の一部を開口します。手術顕微鏡の視野のもと、手技を行います。
事前にバルーンカテーテルを使う「バルーン閉塞試験」を行い「トラッピング術」にて親血管を閉鎖しても問題がないか確認をします。親血管の血流を止めて症状がでなければ、動脈瘤のある親血管をチタン製のクリップで閉塞します。問題が生じる可能性がある場合は頭皮の血管や前腕の血管を使い「バイパス術」を併用します。

・動脈瘤被包術(ラッピング術とコーティング術)
未破裂脳動脈瘤が小さい場合やその形状によりクリッピング術困難な場合に動脈瘤壁を補強する手術です。
全身麻酔での手術となります。頭皮を切開し頭蓋骨の一部を開口します。手術顕微鏡の視野のもと、手技を行います。
「コーティング術」は脳動脈瘤自体を医療用接着剤で包み込み、コーティングする事で破裂を防ぐ術式です。
「ラッピング術」は脳動脈瘤の出来ている血管にテフロン製の特殊な包帯を動脈瘤ごと巻いてその血管を医療用接着剤で包み(コーティング)、高い圧力が、かかっても脳動脈瘤が破裂しないよう固めて補強します。

クリッピング術のクリップが外れる事はありませんか?
クリップの把持力は強いのでまず外れる事はありません。
開頭手術をしていますので傷が治るまでの約3ヶ月程は清潔な環境を保つ為、水泳やパーマをかける等の行為は避けて下さい。その後は通常に生活し、スポーツをされても問題ございません。
クリッピング術のクリップはどれぐらいもちますか?
「クリップ」は手術を受けられた方が存命中の間に経年変化で破損しない耐久性を持っていますが経年と共にクリップの根元あたりに瘤ができはじめる事がありますので定期的な検査をお受け下さい。
未破裂脳動脈瘤クリッピング術を受ける時は髪の毛を剃りますか。
開頭手術をしますので開頭する部分を剃髪しますが現在では多くの病院で丸坊主にはしていません。
未破裂脳動脈瘤の手術術を受ける時は何日間ほど入院しますか。
「クリッピング術」の場合、入院から退院まで約10日間ほどで「コイル塞栓術」の場合は、入院から 退院まで約5日間ほどです。術後の経過をみますので患者さんの状況によりかわります。  
未破裂脳動脈瘤の手術術を受けのるが怖いのですがどの様な状態の時、手術となりますか。
現在日本では下記の様な場合、根治的治療が検討されます。

・脳動脈瘤の大きさが5mm以上である。
・脳動脈瘤の出来ている部位や形が不整形の物
・年齢が70歳以下である。
・手術を受けるのに妨げにならない全身合併症などがない場合
・家族や近い血縁にくも膜下出血の病歴がある人がいる。
・脳動脈瘤の出来ている部位・不整形な物 等
・多発動脈瘤(二個以上の脳動脈瘤)である場合

研究データでは脳動脈瘤が大きいほど破裂のリスクが高くなるとされています。 未破裂脳動脈瘤が発見された時は専門診療科のある医療機関で経験値の高い専門医師による治療を検討される事をお勧めします。

未破裂脳動脈瘤の手術術でのリスクはありますか。
各、医療機関で手術成績は異なりますが「クリッピング術」の場合は95%の方が健康な社会生活へ復帰されています。重度の合併症の発生率はその担当する医師の技量や発生している脳動脈瘤の状態により一概には言えない部分でもあります。しかしながら「クリッピング術」は歴史もあり開かれた術野での手術なので手術中、不測の事態で脳動脈瘤が破裂した場合にも対処が可能です。
「コイル塞栓術」の場合は、開頭をしないので低侵襲ではありますが日本ではまだ歴史が浅く入り口が広い脳動脈瘤や大型の脳動脈瘤には対応が難しいとされます。手術中に脳動脈瘤が破裂した場合に、開頭手術にきりかえなければなりません。したがって 「クリッピング術」よりはリスクが高くなると考えられます。「コイル塞栓術」の場合は内部が血栓化して安定するまで時間がかかる場合があります。「クリッピング術」、「コイル塞栓術」どちらも、脳動脈瘤の発生部位や形・大きさによって選択される、手術法が変わります。どの治療を選択するかは、医療機関と担当医師の経験値・技量と患者さんの意向も加味し、より安全性の高い術法が総合的に検討されます。  
未破裂脳動脈瘤の手術術後いつから働けますか。
「クリッピング術」・「コイル塞栓術」どちらの場合も、退院後、患者さんご自身の体調が良ければ特に制限はありません。
未破裂脳動脈瘤は手術後完治しますか。
治療後「未破裂脳動脈瘤」全体として年間0.2~1.6%で新たな脳動脈瘤が形成されるというデータがあります。
「クリッピング術」の場合、MRIや血管造影検査(アンギオグラフィー)などの検査をして脳動脈瘤が完全につぶれている場合は完治と思われます。
「コイル塞栓術」においては手術から半年後、1年半、2年半後に血管造影検査を行い脳動脈瘤へ血液が流れ込まず血栓化し安定していれば完治と思われます。未破裂脳動脈瘤の手術を受けられた方は定期的にMRIによる経過観をしてください。(術後3~6ヶ月後・その後は1年毎に受診)
未破裂脳動脈瘤の手術後の後遺症について教えてください。
治療後「未破裂脳動脈瘤」全体として5%前後の後遺症が発生する可能性があります。
「クリッピング術」の場合、手術成功の後に脳内出血などの頭蓋内出血が生じると神経後遺症(意識障害、運動障害、失語、高次脳障害、視野障害など)を生じる可能性があります。

「コイル塞栓術」ではコイルを詰めた部位で血流が悪くなり血栓がつくられ、ほかの場所へ飛んでいき血管を詰まらせ脳梗塞の原因となる場合があります。

未破裂脳動脈瘤の再発予防について教えてください。
日常生活を整え、禁煙を心掛けましょう。高血圧や動脈硬化を防止する様、食事にも気をつけ、塩分を控える、運動をする、リラックスする、良い睡眠を取るなどして高血圧にならないようにする様、注意致しましょう。

「コイル塞栓術」の場合は手術後血液をサラサラに保つ「抗血小板薬」をある程度の期間、服用して頂くことがあります。手術の歴史が浅いため経過観察が重要ですので定期的なMRI検査を受けられる事が必要です。

未破裂脳動脈瘤の手術後いつから洗髪できますか
「クリッピング術」の場合で、・医師の許可があれば、3日から5日で洗髪やシャワーが可能となります。
未破裂脳動脈瘤の開頭手術「クリッピング術」を受けた後の傷は目立ちますか
手術はこめかみの後ろあたり(髪の毛生えている範囲)を切開します。したがって髪の毛で隠れることがほとんどです。個人差はありますがあまり目立つことはありません。
未破裂脳動脈瘤の手術後、車の運転や飛行機に乗る事は出来ますか
車の運転は瞬間に高い判断力が必要とされていますので開頭術を受けられた方は医師へご相談下さい。場合によれば数か月ほど運転を控えて頂く事もあります。

基本的には手術後に飛行機に乗ること問題ありませんが退院直後で搭乗の必要がある場合などは医師に御確認下さい。

未破裂脳動脈瘤は、遺伝しますか?
必ず遺伝する病気とはいえませんが近い血縁の方がくも膜下出血になった方は未破裂脳動脈瘤ができやすい体質が遺伝することが分かってきています。但し感染症ではないので他の人に伝染などしません。
未破裂脳動脈瘤の治療は、必ず手術しますか?
治療の目的は破裂を未然に防ぐという事です。必ず破裂するわけではありませんが、破裂すると「くも膜下出血」を引き起こし重篤な病状になります。動脈瘤の大きさや出来ている部位・患者さんの年齢、病歴を鑑みて根治的治療法(手術)をする場合と経過を観察すると場合があります。
「未破裂脳動脈瘤」クリッピング術合併症について教えてください。
・可能性として脳内出血があります。その他、手術中にできた血栓が原因で脳血管の閉塞による脳梗塞。
・術中に脳や神経などを損傷し、神経後遺症(意識障害、運動障害、失語、高次脳障害、視野障害など)を生じる可能性があります。
・開頭手術により脳,硬膜,皮下組織などが露出されますので.細菌性髄膜炎,脳膿瘍,皮下膿瘍,硬膜外膿瘍などの感染性合併症を生じる可能があります。
・開頭手術にてこれまで顕在化していなかった腎不全,糖尿病,高血圧,胃潰瘍,心不全,肺炎,肝不全,パーキンソン病,内分泌疾患,精神疾患が時としてとして発症することがあります.また患者さんがこれまで既往疾患として持っておられる病気がより重くなる場合もあります。
・開頭する際,頭皮を切開し頭蓋骨の一 部切除する可能性があります手術後、頭蓋骨が変形をきたし美容上問題を生じることがあります(※各、医療機関によりますが現在は審美的な事も考慮され、出来るだけ手術創が目立たないように施術されつつあります。)
「未破裂脳動脈瘤」コイル塞栓術の合併症について教えて下さい。
・コイルが動脈瘤から逸脱し狭窄を生じさせ正常動脈をつまらせ脳梗塞を引きおこす場合があります。
・バルーン・カテーテルを併用しての手術では血管内皮を損傷させて血栓ができてしまいそれが抹消の血管に飛んでいく血栓塞栓性合併症を起こす場合があります。
・手術後にコイルが動脈瘤から移動して動脈を狭くしたり動脈に詰まる事もあります。(※未破裂脳動脈瘤のネックと呼ばれる開口部が広い場合はコイルが移動しないようにステントを用います。)
・未破裂脳動脈瘤にコイルを挿入している操作中に動脈瘤が破裂する場合もあり,破裂をおこすと「くも膜下出血」となり重篤な事態になります。そこから急遽、開頭手術にて対処する事となりますので術後に何らかの後遺症(運動機能障害、失語症、空間失認、感覚障害、認知障害等などの高次機能障害)の発生の可能性があります。
未破裂脳動脈瘤クリッピング術後の顔の腫れについて
「クリッピング術」は頭皮をめくり開頭手術を行います。
・開頭しクリップをかける際、切り開き縫合する硬膜の縫い目から脳の周りを循環している髄液が少しずつ漏れる場合がありその水分が重力によって移動しその部分が腫れます。術後間もない頃におこる場合がありますが皮下の組織が頭蓋骨にひっつけば1週間ほどでおさまります。また頭皮には血管が多くありますので術後間もない頃は皮下に出血して溜まる事があり、それが重力の影響で、下にさがり瞼やこめかみあたりが腫れる時がありますが、経過が順調なら腫れが出てから1週間ほどでひきます。術後2週間以上たって顔のむくみや腫れが続くようであれば感染症の可能性もありますので主治医の判断を仰いで下さい。
未破裂脳動脈瘤のクリッピング術ではどのくらい頭を開けますか?
医療機関によってかわりますが従来は皮膚を約20㎝ほど切開し開頭を直径で約7㎝ほど必要としてきましたが現在では皮膚切開、開頭ともに従来の1/2ほどの範囲ですむ様になり術創も髪の毛で隠れる部分になる場合も多く目立ちにくくなっています。
未破裂脳動脈瘤クリッピング手術の後、歯科治療は受られますか?
治療で歯を削ったりする、その振動でクリップが外れる事はないと考えます。把持力は強いので日常でのスポーツでも外れる事はありません。経年変化で破損しない耐久性もありますが長年の間に共にクリップの根元あたりに瘤ができはじめる事がありますので定期的な検査をお受け下さい。
未破裂脳動脈瘤の手術後の頭痛について
「クリッピング術」の場合、頭皮の一部を切り嚙むための筋肉を切り剥離した後、開頭し硬膜を切開して脳へアプローチします。術後の頭痛の多くは頭皮の切開よりも深部の筋肉とそれが付着する頭蓋骨の剥離によるものが多いとされます。個人差はありますが術後1カ月しても頭痛が続く様ならば主治医に相談して下さい。退院後、手術創が腫れたり赤みを持って熱があるような場合は早急に手術を受けた病院に伝え受診致しましょう。
未破裂脳動脈瘤は大きくなりますか?
「未破裂脳動脈瘤」にはおおよそ3タイプがあると研究で分かって来ました。
①ごく短い時間で動脈瘤が形成されて大きくなり出血するタイプ(未破裂脳動脈瘤とは呼べません)
②時間をかけて徐々に大きくなり出血するタイプ
③脳動脈瘤が形成されるが長きにわたって大きくならず破裂(出血)もしないタイプ等に分類されます。未破裂脳動脈瘤は破裂すると「くも膜下出血」を起こし重篤な病状になります。しかしながら「未破裂脳動脈瘤」は目立った自覚症状がありません。ふらつく、めまいがする等で「脳ドッグ」を受診して発見される場合が多くあります。
未破裂脳動脈瘤のサイズは何mmになると危険なのですか?
現在、日本では5mm以上の未破裂脳動脈瘤は治療の検討を推奨されます又、5mm未満であっても症候性脳動脈瘤(動脈瘤が脳神経を圧迫して何らかの神経症状が発生している未破裂脳動脈瘤)と診断されるものは積極的な治療を検討されます。
その他、以下の条件に当てはまる症例は治療を検討されます。
・未破裂脳動脈瘤の発生している部位:前交通動脈、後方循環、内頸動脈(後交通動脈部などの部位に存在する脳動脈瘤)
・未破裂脳動脈瘤の形状:不整形・ブレブ(動脈瘤の表面に小さな突起)を有するなどの形態
・複数の未破裂脳動脈瘤(多発性脳動脈瘤)が発生している。
手術後に運動やスポーツしても大丈夫ですか?
クリップ術・コイル塞栓術ともに退院後であれば通常のスポーツをされても問題ないと考えます。クリップの把持力は強いので通常のスポーツをされてもはずれる事はありません。プロとしてのコンタクトスポーツ(ボクシング・ラグビー)をされる方は主治医にご相談下さい。
手術後に失明する事はあるのですか?
まれではありますが失明する症例があります。
・クリッピング術において前頭側開頭にてアプローチする際、中硬膜動脈の切断を必要とする手術でおこりうる可能性があります。しかし術前に脳血管撮影をすればそのリスクを察知する事も可能です。
手術を受けるまえに医師とのインフォームドコンセントを十分、行って下さい。

ページトップに戻る